OneDrive (旧 SkyDrive)

OneDrive (旧 SkyDrive) 2.7.0

15GBまで無料で使えるマイクロソフトのクラウドストレージ

OneDrive(ワンドライブ)は、これまでSkyDrive(スカイドライブ)という名前で提供されてきたマイクロソフトのクラウドストレージサービスです。15GBまで無料なので、写真、動画、文書などさまざまなファイルを1か所にまとめて保存できます。アップロードできるファイルのサイズ上限は10GBと大き目なため、DVDなど大容量データの保存場所としても重宝します。 完全な説明を見ます

賛成票

  • スカイドライブのアカウントでアクセスできる
  • Android端末からファイルをアップロードできる
  • 使い方が簡単
  • 自動カメラバックアップ機能

反対票

  • インターフェースがわかりづらい
  • ファイルの移動ができない

とても良い
8

OneDrive(ワンドライブ)は、これまでSkyDrive(スカイドライブ)という名前で提供されてきたマイクロソフトのクラウドストレージサービスです。15GBまで無料なので、写真、動画、文書などさまざまなファイルを1か所にまとめて保存できます。アップロードできるファイルのサイズ上限は10GBと大き目なため、DVDなど大容量データの保存場所としても重宝します。

OneDriveを利用するには、Windows Liveの無料アカウントが必要です。SkyDriveを利用していた場合は、データもそのまま引き続き利用できます。OneDriveはAndroidアプリ、iOSアプリのほか、Webアプリ、WindowsとMac用のソフトウエアも提供されていますので、PCやスマートフォン、タブレットなど複数の端末で作業することができて便利です。

原理的にはOneDriveでは動画や音楽を再生して楽しむことができるはずなのですが、アップロードの容量制限が300MBとなっているため、アップロード自体が不可能な動画が少なくないのが残念なところです。音楽の再生は十分可能ですが、再生にはOneDrive内で他の音楽アプリを起動する必要があります。また今回から、Android端末には自動カメラバックアップ機能が追加されました。

OneDriveのインターフェースはややわかりづらいのですが、Microsoft製品をよく使う場合は、複数の端末をつなぐクラウドストレージとして大いに役立つでしょう。

OneDrive (旧 SkyDrive)

ダウンロード

OneDrive (旧 SkyDrive) 2.7.0